セクキャバに行く前にここで学んでみよう!

覚えておきたいセクキャバのルール

覚えておきたいセクキャバのルール セクキャバで遊ぶためのルールを知ると、夜遊びのグレードが上がると思います。
お店にはどのようなルールがあるのでしょうか。
今回は、セクキャバで遊ぶときに最低限覚えておきたいルールをご紹介します。
まず、セクキャバは、女の子といちゃいちゃしながら遊ぶ空間です。
そこには、いわゆる「ヌキ(射精)」サービスは含まれておらず、基本的に男性の局部を触るという楽しみ方は存在しません。
女の子との接触は、あくまでもおっぱいのお触りとディープキスのみが許可されているだけで、それ以外は認められていないのです。
女の子がお客様の膝の上に座るのもセクキャバならではの楽しみ方です。
お店に滞在している間、想像よりもアダルトかつ、過激なサービスを堪能できます。
ドレスや衣装に身をまとっていたり、コスプレをしたりというのが一般的です。
なかには、長時間ヌードで過ごしてくれるお店もあります。
ただし、ヌードでもお触りNGには注意しましょう。
禁止事項が多いセクキャバですが、基本的なルールと楽しみ方さえ分かれば、十分に満足して楽しむことができます。
セクキャバのルールをあらかじめ知っておき、夜遊びのグレードを一段上げるとよいかもしれません。

セクキャバにかかる料金はいくら?

セクキャバの料金を知らない方は、「ぼったくりが怖い」「いくらになるのだろうか」と、不安に感じることが多いと思います。
遊び方の内容は、女の子のおっぱいを触りながらお酒を飲むのですが、一体いくらくらいの料金がかかるでしょうか。
基本的なセクキャバの料金は、20分から40分程度で2,000円から10,000円という範囲が目安です。
大衆店から高級店までさまざまですが、ルックスレベルはキャバクラに引けをとらないどころか、高級店になるとそれ以上という例も少なくありません。
お客様が楽しめる店舗を選ぶとよいでしょう。
また、基本的なセット料金だけでなく、指名やドリンクにも料金はかかります。
例えば、ドリンクは1,000円から、指名料金は2,000円からという感じで、店舗によって金額設定があります。
いわゆるドンペリのように高額なものもありますが、女の子からすると給料にも直結しますし、その日一日を楽しく過ごせるはずです。
セクキャバの料金が分かれば、トラブルに巻き込まれる心配はありません。
もし、ぼったくりや金額設定が不安なのであれば、事前にホームページなどで料金をチェックしたうえで、お店に入ったときにも確認しておくとよいかもしれません。

セクキャバに通うなら必見のリンク

横浜であなたにぴったりなセクキャバが見つかります

セクキャバを横浜でエンジョイ

『セクキャバ 料金』 最新ツイート